「ファスティングはリバウンドしやすい」は嘘!その理由について解説します

世間の多くの方は「ファスティングは食べないダイエットだからリバウンドしやすい。」と思われている方が多いです。

そう思われる理由は【ファスティング後に我慢していた食欲が爆発】なんてイメージを持たれているからではないかと思います。

ですが、実際はファスティングをすることで【リバウンドしにくい体】を手に入れることができます。

それには【2つの大きな理由】があります。

そこで本記事では【ファスティングがリバウンドしにくい理由】と【ファスティングでリバウンドしてしまうケース】をご紹介していきたいと思います。

ファスティングがリバウンドをしにくい理由

まずは【ファスティングがリバウンドしにくい理由】について解説していきます。

体内の酵素バランスが整って代謝が良くなる

1つ目の理由は【体内の酵素バランスが整って代謝が良くなる】からです。

人間の体内には2種類の酵素が存在し、【消化酵素】と【代謝酵素】があります。

それぞれの酵素の役割

【消化酵素の役割】
⇒食べたもの・飲んだものの消化・分解

【代謝酵素の役割】
⇒体内に栄養を流す・老廃物や便を代謝する

各酵素の役割を簡単に説明すると上記の通りになります。

現代人や太っている方は【消化酵素】の割合が多く、代謝酵素の割合が少なくなっている傾向にあり、代謝酵素が不足すると【代謝の悪化・排泄が上手くいかない(便秘)・生活習慣病の原因】といった悪影響がでてきてしまいます。

特に代謝の悪化や排泄が上手くいかないといった影響が【太りやすい体】をつくりあげてしまう原因になるのです。

ファスティングで【食べない】と消化酵素が過剰に消費されず、次第に2種の酵素のバランスが整ってきます。

すると、代謝が良くなり、便通も快調となって【痩せやすい体】になっていきます。

そのため、ファスティングをすることで【リバウンドしにくい体】になるというわけです。

このようにファスティングというのは、終わったいっときの間痩せるわけではなく、私達の体を長期的に太りにくい体へと変化させてくれるものなのです!

ここまでの簡単なまとめ

【太りやすい体になる流れ】

食べすぎで代謝・排泄機能低下する
⇒不要な脂肪などを貯めやすくなる
⇒体重の増加
⇒体が重くなり、色々と負担がかかる
⇒疲れやすくなる
⇒動かない習慣がつく
⇒【結果】太りやすい体へ

【太りにくい体になる流れ】
ファスティングをする
⇒酵素バランスが整う
⇒体の修復機能・回復機能が改善される
⇒代謝の向上が起きる
⇒不要なものがつきにくい・脂肪を燃やしやすい
⇒【結果】太りにくい体へ

食べ過ぎだった食事量が正常戻る

2つ目の理由は【食べすぎだった食事量が正常に戻る】からです。

太っている人や食べ過ぎてしまう人というのは【胃袋が膨らんでいる可能性が高い】です。

人間の胃袋の正常の大きさは【拳2つ分(咀嚼した量)】しかありません。

食べすぎることを日常的に続けることでこの正常の大きさから徐々に膨らんでいき、最終的にはいくら食べても満たされないという人も出てきてしまうのです。

ファスティングして、終わる頃には胃袋の大きさが正常に戻ります。

そうすることで【食事量が正常】になり、以前のような量が自然と食べられなくなるので【リバウンドしにくい体】になるという訳なのです。

ファスティングを実践した方がみんな口を揃えていうのが「すぐに満腹になる。」で、これは胃の大きさが正常になった証といえるでしょう。

また、ファスティングをすることで【味覚が敏感】なり、「前まで好きだった味の濃いものや甘いものが少量で満足できるようになった。」という声も多いです。

まとめると、ファスティングをすることで【食事量が正常になる・味覚の変化による食事量の低下】によってリバウンドしにくくなるということになります。

なので、巷で言われている【ファスティング=リバウンドしやすい】というのは、一部の偏見が出回ってるだけなのです。

ファスティングでリバウンドしてしまうケース

次は【ファスティングでリバウンドしてしまうケース】について紹介していきます。

ファスティング中の食事管理が甘かった

1つ目は【ファスティング中の食事管理が甘かった】ケースです。

よくあるのは【空腹感を我慢できず少し間食を食べてしまう】というパターンです。

ファスティング中は不食が基本になるので、少し食べてしまうと一気に効果が薄れてしまいます。

また、ファスティング後にもそのくせが抜けずに【暇で食べてしまう】といったことに繋がり、リバウンドしてケースや「間食を少しだけ。」と思って結局たくさん食べてしまって、そこでリバウンドしてしまうということが多いです。

ファスティング中、特に初期の空腹感との戦いは辛いですが、そこを乗り越えられなければファスティングの効果を得ることができません。

空腹感がどうしても我慢できない人には【ナッツ類】と【酵素ドリンク】がおすすめです。

ナッツ類には、【食物繊維】が豊富に含まれており、少量でも満腹間を得やすく、噛みごたえがあるので満腹中枢を刺激してくれます。

ナッツを選ぶ際は【無塩・無糖】のものを選びましょう。

また、ナッツはカロリーは高いので【食べ過ぎは禁物】です。

もう1つの【酵素ドリンク】は、先程も説明したようにファスティングで大事な酵素が摂れるし、自然な甘さで空腹感を満たしてくれます。

酵素ドリンクを選ぶ際は【砂糖不使用・無添加】を選ぶ必要があります。

砂糖不使用を選ぶ理由は、余計なカロリーを切りたいからです。

コンビニやドラッグストアに売られている酵素ドリンクには、砂糖が含まれていることが多いので、注意が必要です。

また、量販店に売られているものには【添加物】も多く含まれています。

添加物の消化には、多くの酵素が使われてしまうので、【+−ゼロ】むしろ【−】になりかねないので、やめましょう。

【無糖・無添加】の酵素ドリンクは少なく、探すのも大変です。

ここで、2つの要素を満たしている【優光泉】をご紹介しておきたいと思います。

【優光泉】は完全に無糖・無添加で、使用している野菜や果物の産地にもこだわっている非常に質の高い酵素ドリンクです。

「ファスティング後もリバウンドをしたくない!」

「ファスティングに弾みをつけて早くスリムな体になりたい!」

と考えている方は、酵素ドリンクの摂取を前向きに考えたほうが良いかもしれません。

優光泉は、今、公式サイトで購入することで【30日以内であれば開封ずみでも返品可で1万円バック】というキャンペーンを行なっています。

ほぼリスクなしで、良質な酵素を試せる機会は少ないと思うので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか♪?

お酒を飲みすぎてしまっていた

2つ目の理由は【お酒を飲みすぎてしまっていた】です。
※本格的なファスティングでは、飲酒は禁止ですが、簡易的なものであれば飲酒もOKの場合があります

ファスティング中は食事を控えなければいけないので、お酒に走ってしまう方もいると思います。

そこで飲みすぎてしまうと、カロリー過多や酵素の消費に繋がるので【痩せやすい体づくり】から遠ざかってしまいます。

特に【ビールやサワー】などの糖質の多いお酒は禁物です。

飲むなら【ウィスキー・焼酎】などの低糖質なお酒がおすすめです。

また、飲むとお酒のお供であるおつまみも食べてしまう可能性が高いので、控えるのが無難だと思います。

もう少し【ファスティングとお酒】について知りたい方は下記の記事も読んでみてください!
⇒【ファスティング中のアルコールの摂取について

女性の場合は【生理の影響】を受けることも

3つ目の理由は【女性の場合は生理の影響を受ける】からです。

女性の場合は、生理の時期を迎えると、体が水分を蓄えてしまう傾向にあり【体重が増加したり、変動しなくなります】

これは、黄体ホルモンと呼ばれるホルモンが生理中は多くなるためだと考えられています。

そのため、この時期の体重の増加や停滞は仕方のないことなのです。

ファスティングを続けていくうちに【自律神経・ホルモンバランス】が整い、生理中でも痩せやすい体に変化していきます。

ここで「体重増えた(減らない)からやめる!」と食事を元に戻せば、体型・体質は元に戻ってしまいます。

ここで諦めず、我慢して継続した先に【理想の体】が待っているので、焦らずにじっくり継続していきましょう♪

まとめ

今回は【ファスティングがリバウンドしにくい理由】と【ファスティングでリバウンドしてしまう原因】について解説させて頂きました。

【ファスティング=リバウンドしやすい】といった言葉に惑わされずに、成果がでることに期待して地道にファスティングを継続させていきましょう!

そうすれば【理想のスリムな体型】が手に入れられると思います♪

頑張っていきましょう!

それでは!

おすすめの記事