ファスティングで便秘が起きる原因とは?解消法についても紹介!

ファスティングをしていると【便秘】になってしまうという方は多いのではないでしょうか?

特に【もともと便秘気味】という方は、いつものに拍車がかかって辛いと感じると思います。

「便秘がきつくてファスティングをやめた。」「便秘がキツイからファスティングやめたい。」という方も多いでしょう。

ですが、ファスティングにおける便秘というのは【一過性】のもので、いっとき我慢すれば改善されますし、むしろお通じは良くなっていきます!

実は、ファスティングで便秘が辛いからやめるというのは【非常にもったいない】ことなのです。

そこで本記事では【ファスティング中に便秘が起きる原因】を知り、それに対する解消法をご紹介し、皆さんのファスティングのお役に立てればと思います!

ファスティングで便秘が起きる原因

ここから【ファスティングで便秘が起きる原因】と【解消方法】をセットでご紹介していきたいと思います。

ファスティング中は食事量がゼロになるから

1つ目の原因は【ファスティング中は食事量が0になるから】です。

ファスティングのやり方によって実施期間は様々ですが、長かれ短かれ、いっときの食事量は0になります。

食事量が0になるということは【食事によって胃の残留物が押し出されるのがなくなる】ということになります。

どういうことかというと、ファスティング前には快便だったという方の多くは【食べ過ぎ】であった場合が多く、【食べたもので前に食べたものが押し出されていただけ】の可能性が高いのです。

簡単にいうと、快便なわけだったのではなく、単に【ロケット鉛筆のような状態】だっただけということです。

【本当の快便】というのは、※腸のぜん動運動から行われる排出であって、食べ物によって押し出される排出ではないのです。
※収縮運動のこと

この2つの結果は、同じ【便が出る】なのですが、全く意味合いは変わってくるのです。

今まで前者の方で便が出ていた人というのは、ファスティングを始めて食事量が0になると、押し出すもの(食べた物)がなくなるので、便が出なくなり、「便秘になった!」と勘違いしてしまうのです。

そのため、ファスティングを始めて頻繁に便がでなくなるということはある意味【当たり前の結果】なのです。

解決策 焦らずに待つことが大事

この場合の解決策は【焦らずに待つこと】です。

先程も話したように、食事量が減って押し出すものがなくなってしまっているだけなので、焦る必要はないのです。

また、ファスティングによって【腸の動きが一旦OFF】になるので、それも影響しています。

ファスティングを継続し、しばらくすれば腸内環境が整い始め、正常な消化活動が始まります。

その段階に行くまでのスピードには個人差があるので、気長に待つようにしましょう!

水分不足による便秘

2つ目の原因は【水分不足】です。

ファスティングでは、【食べない】ということで、それにつられ【飲まない】となってしまう人が多いです。

ですが、水分が不足すると【老廃物・便の代謝】が滞ってしまいます。

普段は【通常の水分+食材に含まれる水分】で間に合っている人が多いのですが、ファスティング中は【食事に含まれる水分】はカットされるので、意識的に多くの水分を摂取しなければなりません。

この水分不足というのは、意外に多くの人が陥りやすい【便秘の原因】といえるでしょう。

水分ではなく【水】を飲む

この原因の解決策は【水分補給をする】ということになるのですが、注意点があります。

それは【水分ではなく、水を飲む】ということです。

どういうことかというと【お茶・コーヒー・ジュース】といった水分ではなく、【純粋な水】飲むということです。

その理由としては、お茶やコーヒーには【カフェイン】が含まれており、そのせいで体内に水分として補給される前に【体外に排出されてしまう】という特性を保っているからです。

なので、水分として体内にストックされないので、いくら飲んでも【水分を補給した】ということにはならないのです。

ジュースに関しては、砂糖が含まれているので【NG】ということは分かると思います。

「ゼロカロリー飲料はだめ?」と思う方もいると思いますが、それも【NG】です。

ゼロカロリー飲料には、多くの【人工甘味料】が使われており、それを体内で分解するのに、大量の酵素が消費されてしまうので、ファスティングとの相性が最悪なので、摂取は控えるべきだと思います。

人間の体の機能を考えると、水分補給に1番適しているのは、水なので水を飲むようにしましょう。

飲む量の目安としては、【男性 2〜3リットル】で【女性 1.5〜2リットル】くらいを目安にしましょう。

比較的、男性のほうが代謝が高いので多め、女性はその反対なので少なめとなっています。

これには個人差があるので、各々、調整するようにしてみてください。

「水を飲みすぎるとむくみます。」という方は、冷えやすい体質の場合が多いので、水ではなく【白湯】で飲むのがおすすめです。

無理してたくさん飲む必要はありませんが、一定量は摂らないと、代謝が上手くいかずに逆にむくんでしまう可能性があるので、変に量を減らさないほうが無難といえるでしょう!

水分補給 まとめ

・【水】を飲もう
・量は【男性2〜3リットル】
【女性 1.5〜2リットル】
・【冷え・むくみ】が気になる方は
【白湯】を飲もう

体内の酵素バランスが崩れている

3つ目の原因は【体内の酵素バランスが崩れている】からです。

人間の体には、一定量の酵素が備わっており、1日の産出される上限が決まっています。

その酵素には2種類あり【消化酵素】と【代謝酵素】があります。

それぞれの役割は以下の通りとなっています。

2種類の酵素 それぞれの役割

【消化酵素】
⇒主に食べたものを消化する役割を持っている
現代人は食べ過ぎによりこの酵素の割合が多い

【代謝酵素】
⇒栄養素を代謝したり、体の老廃物や便を代謝する役割を持つ
現代人はこの酵素が足りていない

今回のテーマである便秘の原因は【消化酵素の過多】にあります。

現代人の多くは、食べ過ぎによって消化酵素の割合が多く、代謝酵素の割合が極端に少ないです。

「代謝酵素が少ないとどうなるのか?」というと、【便秘】や【生活習慣病】などを引き起こしてします。

そこでファスティングを行い、食事を摂るのを一旦やめることで、【本来の酵素バランスを整える】のです。

特にファスティングをやり始める前の食生活がかなり乱れていた人は、この酵素のバランスがかなり偏ってしまっている場合が多いため、【便秘になりやすい】人が多いです。

これに関しても、あまり焦らず、ファスティングを継続していくうちに【酵素のバランスが整うのを待つことが大事】になってきます。

体外から良質な酵素を取り入れるのが有効

これの解決策も【焦らずに待つ】というのが基本になってくるのですが、「一刻も早く苦しい便秘から抜け出したい!」という方にはおすすめの方法があります。

それは【体外から良質な酵素を取り入れる】ことです。

先程も少しお話したように、人間が1日に生成できる酵素の量は限られています。

それをファスティングによって、上手く節約し、やりくりしていくのが基本なのですが、ファスティングの効果を加速させるのに【酵素を摂取する】というのが非常に効果的です。

酵素の摂取方法としては、食べ物から摂るのが基本なのですが、ファスティング中は固形物の摂取や余計なカロリー摂取は控えなければいけません。

そこで便利なのが【酵素ドリンク】なのです。

酵素ドリンクの良いところは、なんといっても【飲むだけ】という手軽さです。

ファスティング初期というのは、どうしても【だるさ・眠さ】に襲われるので、飲むだけで簡単に酵素が摂れるというのは非常にありがたいです。

そんな酵素ドリンクを選ぶときのポイントとしては、【美味しい】というのと【余計なものが入っていない】というのが大事になってきます。

まずくては継続して飲むことができないですし、添加物が入っていると、分解するために逆に酵素を使ってしまうからです。

その大事な2つの条件を満たしている酵素ドリンクは数少ないのですが、この【優光泉】【美味しい・完全無添加】という酵素ドリンクにおいて最も大事な要素を持っています。



「早くこの便秘を解消して、すらっとした体を手に入れたい!」という方は優光泉のような優秀な酵素ドリンクの使用を考えてみてくださいね♪

完全無添加の酵素ドリンク【優光泉(ゆうこうせん)】

便はたくさん出れば良いわけではない

ここまで【ファスティング中に便秘が起きる原因とその解決策】についてご紹介してきました。

最後にお話したいことは【便はたくさん出れば良いわけではない】ということです。

一般的に【便がいっぱい出る=快便】というイメージがありますが、それは間違っています。

実は、日本人の場合【1日1回】便がでれば、健康的といわれているのをご存知でしょうか?

逆に、1日に何回もトイレにいくような人、ましてやその便が水っぽいようならそれは快便ではなく【腸が悲鳴をあげている証拠】です。

便の適正な量としては【125~180g程度】で、普段の食生活で食物繊維が多く摂っている人で【200~300g程度】が目安です。

決して【回数も量も多ければいいというわけではない】のです。

ファスティングが上手くいっているときの便というのは、初期の段階では【うさぎのようなコロコロとしているもの】が良いとされています。

理由は、腸のぜん動運動によって自然に出る場合は、そのような形状になることが多いからです。

ファスティング中期〜後期にかけては、【適度な水分量の黄色っぽいもの】がでれば、ファスティングが上手く言っているといえるでしょう。

このことから、便の量や回数で【便秘】と判断するのではなく、【便の質】で判断してあげるようにしましょう!

良い便の基準 まとめ

【適度な水分が含まれている】
⇒トイレの水に軽く浮かぶ程度が良い
沈むのは水分量が少ないのでNG

【色は黄色っぽい】
⇒腸内環境が整っている証拠
黒っぽい人は食事で脂質過多の危険性大

【1日1回で十分】
⇒健康であれば1日1回
何回もいくようであれば腸に負担が…

まとめ

今回は【ファスティング中の便秘の原因と改善策】についてご紹介してきました。

ファスティングで便秘が起きるというのは【誰しも通る道】と言っても過言ではありません。

便秘になったからといって焦らずに、じっくりファスティングを継続することが【痩せる】ためには重要です!

頑張っていきましょう♪

それでは!

本記事のまとめ

・便秘が起きるのは【食べたものを押し出すものがない】から
・水分補給も便秘の原因に!水を飲もう!
・酵素のバランスの乱れが便秘を起こす!
・便は、1日1回出ればOK!
おすすめの記事