ファスティング中にコーヒーって飲んでもいいの?【メリット・デメリット】

ファスティングをはじめようとしている方・始めている方の中で「ファスティング中ってコーヒー飲んでいいの?」という疑問を思い浮かべる人は少なくないと思います。

その答えは【ファスティングのやり方による】と言えるでしょう。

本格的なファスティングでは、【胃に負担をかけるから】といった理由で、コーヒーの摂取は推奨していませんが、1日おきのファスティングや週末のみのファスティングのような簡易的なものであれば、【コーヒーの摂取は特に制限されてない】場合があります。

私は、1日おきにファスティングを行っていますが、コーヒーはあったほうが良いなと感じています。

そこで本記事では、実体験を踏まえながら【ファスティング中にコーヒーを飲むメリット・デメリット】について解説していきたいと思います!

ファスティング中にコーヒーを飲むメリット

まず、【ファスティング中にコーヒーを飲むメリット】から紹介していきます。

空腹感を紛らわすことができる

1つ目のメリットは【空腹感を紛らわすことができる】です。

ファスティング中、特に初期段階というのは、どうしても【空腹感】が強くでてしまいます。

そこで我慢しきれずに何かカロリーのあるものを食べてしまうと、ファスティングが失敗に終わってしまいます。

この空腹感を凌ぐのに、私としてはカロリーのない【ブラックコーヒー】が有効的だなと感じています。

特にホットコーヒーが良く、暖かいものが胃に入ってくるとじんわりと温まり、空腹感が紛れる感じがしていいです。

ファスティング中はアイスだと胃がびっくりしてしまい、腹痛の原因にも成りかねないので、そういった点でも【ホット】がおすすめです。

カフェインによる脂肪燃焼効果が期待できる

2つ目のメリットは【カフェインによる脂肪燃焼が期待できる】です。

皆さんはカフェインに脂肪燃焼効果があるのはご存知でしょうか?

カフェインには【脂肪燃焼・基礎代謝の向上】といった効果があり、それは多くの研究結果から明らかになっており、エビデンス(根拠)もしっかりとある効果なのです。
※下記参照

緑茶およびコーヒーの糖尿病予防効果のメカニズムとしては,緑茶やコーヒーに豊富に含まれるカフェインの(1)基礎代謝の促進,(2)筋肉における脂肪燃焼,(3)グリコーゲンの異化,(4)末梢組織からの遊離脂肪酸の放出の促進が考えられる3).

ファスティングのもともとある高いダイエット効果にカフェインのこれらの効果が加わると、まさに【鬼に金棒】といえるでしょう。

【コーヒー飲むだけ】でこういった効果を得られるのなら、飲まない手はないですね♪

ファスティング中にコーヒーを飲むデメリット

次は【ファスティング中にコーヒーを飲むデメリット】について紹介していきます。

胃に負担がかかってしまう可能性がある

1つ目のデメリットは【胃に負担がかかってしまう可能性がある】です。

これがファスティング中にコーヒーを飲むことを推奨しない1番の理由といえるでしょう。

コーヒーに含まれるカフェインには【胃酸】の分泌を促す作用があり、その胃酸から【胃粘膜】を守ろうと、【胃粘液】が分泌されます。

その胃粘液で胃酸が処理をして、胃が守られるというのが通常の流れです。

ですが、ファスティング中は胃に食べ物を入れない状態が続くので、胃粘液の反応が低下しているため、胃が胃酸にやられて、胃が痛くなってしまう可能性が高いです。

そのため、【ファスティング中のコーヒーは良くない】と言われていると考えられます。

数日間行うような本格的なファスティングでは、この反応が起こるので良くないですが、私が行っているような簡易的(1日おき・週末のみ)のファスティングであれば、そこまで神経質になる必要はないのかなと思います。

私は、ファスティング中にコーヒーを飲んでも胃は痛くなったことは1度もないです。

気をつけたいのは、【もともと胃が弱い人】です。

胃が弱い人は、先程話したような反応が起きやすいといえるので、ファスティング中のコーヒー摂取は控えたほうが無難だといえます。

カフェインに体を冷やしてしまう作用がある

2つ目のデメリットは【カフェインに体を冷やしてしまう作用がある】からです。

本来、カフェインは適量摂取すれば、体の血管が拡張されて、体を温める作用があります。

ですが、飲みすぎてしまうと交感神経が刺激されて【自律神経の乱れ】が生じ、血行が悪くなるといった作用があります。

なので、コーヒーの飲みすぎには注意が必要といえるでしょう。

また、コーヒーには利尿作用があり、飲みすぎると排泄の回数が増えます。

水分が体外に放出されると、熱も放出されるので、体が冷えやすくなってしまいます。

コーヒーを飲む場合は、この2つのことに注意する必要があるでしょう!

ファスティング中はコーヒーよりも酵素ドリンクがおすすめ

ここまでは【ファスティング中のコーヒー】に関して解説してきましたが、一般的にファスティング中はコーヒーよりも【酵素ドリンク】を飲むことが推奨されています。

ファスティングの本筋は【痩せる】ということよりも【酵素の消費量を抑え、酵素バランスを整える】ということです。

【酵素バランスが整う=痩せる】というのが正しいファスティングの考え方なのです。

酵素のバランスを整えることにおいて、酵素ドリンクは飲むだけで手軽にそれを助けることができます。

また、ファスティング中に酵素を外から調達するというのも良いとされており、それも酵素ドリンクを飲むのが効果的です。

酵素ドリンクは飲むだけで、ファスティングで重要な【酵素バランスの調整・酵素の調達】を手軽に行えるので、ファスティングにおいて非常に便利な飲み物なのです。

下記に、【酵素ドリンクを飲むことで得られるメリット】をまとめてみました。

酵素ドリンクのメリット

・ファスティングに最も大事な酵素を手軽に摂取できる
・ファスティング中に不足しがちな栄養素が摂れる
・味のあるものを飲むことで空腹感も抑制できる
・デメリットがほとんどない(強いて言うならコストがかかる)

このように酵素ドリンクは【ファスティングに必要な要素・欲しい栄養素】をもっています。

また、コーヒーのようにデメリットがなく、ファスティングの効率を高めてくれます。

「確実にファスティングを成功させて痩せたい!」と考えている方は、酵素ドリンクを飲むことを視野に入れたほうがよいといえるでしょう!

気になる方は是非、【酵素ドリンク】をチェックしてみてはいかがでしょうか?



九州産野菜にこだわった完全無添加の酵素「優光泉」

まとめ

今回は【ファスティング中にコーヒーを飲むメリット・デメリット】について解説してきました!

本記事を読んで、自分の行なっている【ファスティングの種類・自分の体質】をよく考えた上で、コーヒーを飲むか、飲まないかを決めることをおすすめします!

それでは!

本記事のまとめ

・ファスティング中にコーヒーには一長一短がある
・基本的にはコーヒーはおすすめされていない
・コーヒーよりも酵素ドリンクが適している
おすすめの記事