ファスティングは筋肉が落ちる?筋トレは意味がないのか?【解説】

「ファスティングをすると筋肉が落ちるんじゃないか?」

「ファスティング中は筋トレする意味がないのではないか?」

ファスティングをしようかと考えたときにこのような不安を覚える方は少なくないのではないでしょうか?

確かにファスティングは【食べない】というダイエット方法なので、【筋肉が落ちる・筋トレしても意味がなさそう】といった疑問が浮かぶのは無理がありません。

ですが、実際はそんなことはありません。

ファスティング中に極端に筋肉が減ったり、筋トレの意味がなくなることはありません。

それにはしっかりとした理由があります。

そこで本記事では【ファスティング中に筋肉が落ちない理由】と【ファスティング中に筋トレをするメリット】についてお話していきたいと思います。

ファスティング中に筋肉が落ちることはない

ファスティングというのは、色々なやり方が存在しますが、【食事を摂らない】というのが基本になっています。

一般的には【食事を摂らない=筋肉が分解される】とった通説が流れているので、ファスティングは筋肉が落ちると言われているのだと思います。

ですが、実際は食事を摂らないからといってそう簡単に筋肉が落ちることはありません。

なぜなら、筋肉よりも先に【脂肪】が分解されてエネルギーとして使われるからです。

人間は何のために脂肪を蓄えるのかと言われたら、食事を摂れなくなったときの非常食的な意味を持っています。

私達の祖先のことを考えると、更に分かりやすいでしょう。

私達の祖先は狩猟をして食事を確保していて、獲物が採れない日が数日続くという状況がざらにあったと思います。

ですが、蓄えていた脂肪をエネルギーとして使い、連日狩りに出かけて生活していました。

そういったことを考えると、「まず先に燃やせる脂肪というものがあるのに、わざわざ筋肉を分解するということになるのか?」となると思います。

なので、ファスティングに取り組もうと考えている【普通・肥満体型】の方が筋肉が分解されることを恐れる必要は全くないと言えます。

ただし、筋肉が分解される恐れがある人もいます。

それは【体脂肪率が極端に少ない人】です。

『トロント最高の医師が教える 世界最新の太らないカラダ』という書籍にそのことが以下のように述べられています。

筋肉組織が破壊されるのは体脂肪が極端に少ない場合(体脂肪率がおよそ4%)だけなので、ほとんどの人が気にする必要がない。

『トロント最高の医師が教える 世界最新の太らないカラダ』【著】ジェイソン・ファン

このように、体脂肪率が少ない人は【エネルギーに変換できる脂肪がない】ので、筋肉が分解される可能性があると考えられています。

なので、それ以外の方は【筋肉が分解される】ということは、それほど気にすることなくファスティングに取り組んでよいと思います!

ファスティング中に筋トレをするメリット

【ファスティングをしても筋肉が分解される恐れはない】ということはわかって頂けたと思います。

次はもう1つの疑問である「ファスティング中の筋トレは意味がないのではないか?」という疑問についてお話します。

答えを先に言ってしまうと、ファスティング中に筋トレをすることにはメリットがたくさんあります!

次は、そのメリットについてご紹介していきます。

ファスティング中は成長ホルモンが多く分泌される

1つ目のメリットは【ファスティング中は成長が多く分泌される】です。

成長ホルモンというのは、【脂肪をエネルギーとして利用できるように変換したり、筋肉量を増やす助けになるホルモン】です。

最近の研究では、ファスティングを行うことで成長ホルモンの分泌が盛んになることがわかっています。

そのため、ファスティング中に筋トレを行えば【脂肪燃焼効果】が得られるので、ファスティングの効果に弾みがつきます。

筋肉量の増加に関しては、ファスティングの程度にもよるが【筋肉量の維持】くらいに考えておいたほうが良いと思います。

がっつりとしたファスティングなら【維持】、1日おきなどの軽度の場合は【増加にも期待できる】くらいに考えるのが良いと思います!

アドレナリンによって代謝がUPする

2つ目のメリットは【アドレナリンによって代謝がUPする】です。

ファスティングを行うと、アドレナリンの分泌が盛んになり、代謝活動がUPすることが研究から分かっています。
※下記参照

ファスティングを開始してから24時間ほど経つと、アドレナリンの数値が上がってくる。48時間のファスティングをすると、代謝率が3.6%上がり、(中略)4日間のファスティングなら安静時のエネルギー消費率は14%も上がる。

『トロント最高の医師が教える 世界最新の太らないカラダ』【著】ジェイソン・ファン

よくあるカロリー制限ダイエットでは、代謝活動は低下してしまい、ダイエットに失敗するということがよくあるが、ファスティングはその心配がない。

こうなる理由としては、【人間の本能的な機能(狩猟本能)が働くからではないか】と考えられています。

アドレナリンが分泌されるということは【やる気が出てくる】ということなので、そのはけ口を筋トレにしてあげれば、筋トレの質も向上するでしょう。

また、筋トレで筋肉が増えると代謝が上がるので、相乗効果も期待できます。

このように、ファスティング中の筋トレというのは【良いことづくめ】なので、皆さんも是非行なってみてください!

まとめ

今回は【ファスティング中に筋肉が落ちない理由】と【ファスティング中に筋トレするメリット】の2つについてお話してきました。

【食べない=筋肉が分解される】というのは、間違ってはいませんが、脂肪がたくさんついている方なら先に脂肪が分解されていくので、安心してファスティングに取り組んで頂きたいなと思います!

この記事が少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです!

それでは!

本記事のまとめ
・ファスティング中が筋肉よりも先に脂肪が分解される
・体脂肪率が低い人は筋肉が分解される恐れアリ
・ファスティング中の筋トレはいいことづくめ!
おすすめの記事