ファスティング中の食欲を抑える方法は?寝る時間を多めに取るのがポイント!

ファスティングダイエット中というのは【食欲・空腹感】に悩まされることが多いと思います。

特に、ファスティング初期段階というのは、空腹感・食欲というのが強く表れる傾向にあります。

そして「食欲が抑えられなくてなにか食べてしまう…。」なんてこともよくあることです。

ファスティングを成功させるためには【食欲を抑える】必要があります。

そこで本記事では誰でもできる【ファスティング中に食欲を抑える方法】をご紹介していきたいと思います!

ファスティング中の食欲を抑える方法

ここから早速【ファスティング中の食欲を抑える方法】を紹介していきたいと思います。

忙しいときにファスティングを実施する

まず、1つ目の方法は【忙しいときにファスティングを行う】です。

食欲・空腹感というのは【じっとしている時間・暇な時間】ほど強く感じる傾向にあると思います。

なので、休日などの暇な時間を持て余してしまうようなときにファスティングを行うと【食欲に負けてなにか食べてしまう】なんてことになりやすいです。

ここで、皆さんの経験を思い出して欲しいのですが、仕事やスポーツ、ゲームなどに夢中になって【食事を忘れていた】なんて経験したことありませんか?

また、「お腹は空いてたけど、忙しくしてたら食欲がなくなってた。」といった経験は誰しも1度はあると思います。

食欲というのは【波】のようなもので、いっとき大きな波が来て、すごい衝撃を生むけれど、通り過ぎてしまえば、それが嘘だったかのような静けさに包まれます。

その【波が来ている状態】のときに忙しくしていたら、波に構っている余裕がなかったり、あるいは波の存在にも気づかなかったりすることがあると思います。

なので、ファスティング中の食欲に打ち勝つためには【忙しくする】というのは、かなり有効な方法だと思います。

ファスティングを行う期間は意識的に予定を詰め込み、忙しくしていくことをおすすめします。

働いている方のなかに「食べないことで仕事中に頭が回らないのが心配。」という不安を感じている人もいると思います。

そんな方はこちらの記事を読んでみてください!↓

睡眠時間を多くとる

2つ目の方法は【睡眠時間を多くとる】です。

極論をいうと【食欲というのは起きているから感じる】ものです。

だったら、寝てしまおうという作戦です。

これはシンプルながら最適解だと思います。

私達は起きてるから食欲を感じ、食事を摂ります。

寝ながらごはんを食べる人はいませんよね?

なので、食欲が我慢できない人は寝てしまいましょう!
▷【ファスティング中の空腹感が強くて眠れないときの対処法

っていうぐらいシンプルな発想なのですが、他にも理由があります。

人間の体は【空腹の時間(何も食べていない時間)】が16時間以上続くと【オートファジー】という機能が働き、様々な健康面にメリットがあることが起きます。

人間の起きているときの活動時間は大体8時間前後で睡眠時間が大体8時間前後だと思うので、足してオートファジーが起きる16時間になります。

そういったことも考えると、食欲を抑えるには、精神的にも体の機能的にも【寝てしまう】のが有効なのです。

次はこの【オートファジー】という機能について簡単にご説明していきたいと思います。

空腹状態が16時間続くとオートファジーが起きる

ここでは簡単に【オートファジー】について解説していきます。

人間の体は【睡眠時間+起きていて「ものを食べない時間」】の合計が、連続10時間になると【脂肪の分解】が始まり、16時間以上になると【オートファジーが働きだす】といわれています。

「オートファジーって具体的にどういったものなのか?」ということを医学博士の青木先生は以下のように述べています。

私たちは普段、食べたものから栄養を摂取し、必要なタンパク質を作っています。ところがなんらかの原因で栄養が入ってこなくなると、体は生存するために、なんとか「体内にあるもの」でタンパク質をつくろうとします。そこで古くなったり、壊れたりした細胞内のタンパク質を集め、分解し、それらをもとに、新しいタンパク質をつくるのです。

『「空腹」こそ最強のクスリ』【著】青木 厚

このように体内に残留している古いタンパク質を新しいタンパク質に生まれ変わらせるのが【オートファジー】という働きなのです。

オートファジーが起きることで、細胞内にあるミトコンドリアも新しくなります。

そうなると、たくさんのエネルギーを生み出すことができ、若々しくいられて、様々な病気なども防ぐことができます。

オートファジーには、がんや糖尿病をはじめとする生活習慣病、アルツハイマー型認知症、感染症などの予防効果や、肌や筋肉の老化防止の効果があると考えられています。

『「空腹」こそ最強のクスリ』【著】青木 厚

なので、起きている時間は、ファスティングで頑張って空腹時間をつくり、残りの時間はさっさと寝てしまうことで【オートファジー】を簡単に発動させることができます。

こういったことも考えると【食欲が襲ってきたら寝る】というのは、非常に理にかなっていることなのです!

酵素ドリンクで酵素をチャージしつつ食欲を抑える

食欲を抑えるとなると、【味のあるもの】を口に入れたいですよね。

ファスティング中の基本の水分補給は【水のみ】なので、味のあるものを口にすることができません。

ゼロカロリーなどのジュースはカロリーはないのですが【人工甘味料】が多く含まれているので、ファスティングとの相性がよろしくないのです。
▷【ファスティング中に0カロリー系を飲んではいけない理由

そこで、おすすめなのが【酵素ドリンク】です。

ファスティングの目的の1つに【体内の酵素バランスを整える】というものがあります。

それについて簡単にまとめてみたので、こちらをご覧ください。↓

酵素について

体内には2種類の酵素がある。

【消化酵素】▷食べ物を分解・消化する役割
【代謝酵素】▷老廃物や便、栄養素などを代謝する役割

食事を食べ過ぎてしまうと…
▷【消化酵素(多)・代謝酵素・(少)】になる

代謝酵素が少ないと…
▷【老廃物や栄養素の代謝がうまくいかなくなる】
⇒体調不良・肥満の原因になる

そこでファスティングを行うと…
▷食事が制限されて消化酵素の浪費を防ぐことができる
⇒そうすると代謝酵素の割合が増えて、健康な体になる

このようなに【酵素のバランス】を整えることで、健康的かつ正常に痩せることができるようになるのです。

ですが、この酵素は【1日に体内で生産できる量】が限られているので、体外から摂り入れてあげることが有効だとされています。

1日生産できる潜在酵素の量は一定量が決まっている。そのため、食べ過ぎで消化酵素を多く使うことになれば、代謝酵素として使える量が減ってしまい、不調を招くことになる。

『朝だけ断食で9割の不調が消える!』 【著】鶴見隆史

そこで【酵素ドリンク】を飲んで、体内の酵素量を増やしてあげることが非常に有効なのです。

かといって「酵素ドリンクなら何でもよい。」というわけでもありません。

まず、重視したい栄養素のポイントが【2つ】あります。

それは【砂糖・添加物不使用】という点です。

砂糖不使用である必要があるのは、余計なカロリー摂取を控える必要があるからです。

せっかくファスティングで節制しているのに、自ら砂糖を飲んで台無しにしてしまっては【本末転倒】です。

もう1つの添加物不使用については、先程、少しお話したように【人工甘味料】などが含まれているものは、ファスティングとの相性が悪いので摂取を控えるのが無難です。

今や酵素ドリンクは、コンビニやドラッグストアなどの量販店にも売られていますが、だいたいこの条件が満たせていないものが多いです。

そこでおすすめなのが、この条件を2つとも満たしている【優光泉】です。

優光泉は【砂糖不使用・添加物不使用】で、産地にこだわった九州産の野菜・果物を使っている高品質の酵素ドリンクです。

味も【スタンダード】と【梅味】の2種類のものが用意されており、非常に人気を博している酵素ドリンクです。


【公式サイトより引用】

そんな人気のある【優光泉】が、公式サイトでの購入なら、味が気に入らない場合などといった理由でも【返品可能】です。

しかも【最大で1万円の返金保証あり(開封済みでも可)】というキャンペーンを行なっています。

こんなに質の高い酵素ドリンクを【ほぼノーリスク】で試せるチャンスはなかなか無いと思うので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

【最大1万円返金保証つき!】

まとめ

今回は【ファスティング中の食欲を抑える方法】をご紹介致しました。

ファスティング中、特に初期段階の食欲・空腹感はなかなか辛いものがあります。

ですが、うまく食欲を我慢して乗り越えることができれば【理想のスタイル】に近づくことができるので、頑張りましょう♪

それでは!

本記事のまとめ

・ファスティング中は忙しさで食欲を抑えるのも手
・食欲を感じたときには寝てしまおう
・空腹時間を16時間とると【オートファジー】が起きる
・酵素ドリンクで食欲を満たしつつ、酵素をチャージしよう
おすすめの記事