ファスティング中にプロテインは飲まないほうがいい!その理由とは?

ファスティング中に筋肉量が落ちてしまうのを懸念して【プロテイン】を飲もうと考える人はいると思います。
⇒【ファスティングでは筋肉が落ちるのか?

また、ファスティング中は甘いものが食べれないので「プロテインなら…」と思う人もいるでしょう。

ですが、結論から先に言うと【ファスティング中のプロテインはNG】です。

ファスティングにも色々と手法があり、なかにはプロテインを使用するようなものもあるのですが、ファスティング本来の目的や意味を考えるとあまり適した方法とは言えません。

そこで本記事では【ファスティング中にプロテインを飲まない方良い理由】についてご紹介していきます。

ファスティング中にプロテインを飲まないほうが良い理由

ファスティング中にプロテインを飲まない方がいい理由を2つご紹介していきます。

たんぱく質を分解するのに内蔵系が使われてしまう

1つ目は【たんぱく質を分解するのに内蔵系が使われてしまう】からです。

ファスティングは、日頃の食べすぎによって疲弊している【胃・腸】などの内蔵系を休ませて、体内にある【酵素】を無駄遣いしないようにしていくという目的があります。

たんぱく質の分解・代謝には【様々な内蔵系・酵素】が使われてしまうので、休ませてあげたい内蔵器官を休ませてあげることができません。

タンパク質はアミノ酸の玉がネックレス状につながり、それがらせん状や折り畳まれた形の立体構造をしています。食物が胃で強い酸に合うと、タンパク質の立体構造が壊れ(変性)、酸性状態で最も良く働く消化酵素ペプシンの作用を受けます。
次に十二指腸へ送られた食物は、膵臓から出る膵液と混じります。膵液は重曹を含み、胃酸で酸性化された食物を中和します。トリプシン、キモトリプシン、ペプチダーゼ類など、中性下で働くタンパク質分解酵素を含む膵液は、消化液中最も強力といわれています。
食物は回腸へ進みながらアミノ酸やアミノ酸がいくつかつながったペプチドの形に分解されます。空腸に着く頃にはほとんどがアミノ酸に分解され、小腸上皮粘膜から吸収され、血液によって肝臓へ送られます。
肝臓では約2,000種の酵素が瞬時に500種もの化学反応を起こし、肝細胞1個につき1分間に60~100万個のタンパク質を生産。アミノ酸はここで新しいタンパク質となり、再び活躍するというわけです。

上記の文章は【たんぱく質がどのようにして消化・吸収されるのか?】ということを説明している文章なのですが、細かい意味は分からなくとも【多くの内蔵系・酵素】が使われていることは分かっていただけると思います。

ファスティング中にプロテインを飲むということは、ファスティングが持っている本来の目的である【内蔵系を休ませて、体の調子を整える】というものから、外れてしまうのでおすすめできないということになります。

人工甘味料が多く使われているため

2つ目の理由は【人工甘味料が多く使われているため】です。

世の中に売られているほとんどのプロテインには、人工甘味料が含まれています。

人工甘味料というと、一般的には【痩せるために効果的である】と考えられがちなのですが、実際はそんなこともありません。

人間の体には【カロリーのない甘さ】を感じると、「おかしい!」と感知し、さらに甘いものを求めたり、食欲を高めるなどの【代償作用】が働いてしまいます。

脳の報酬系を十分に活性化させるのはグルコースで、人工甘味料のスクラロースではないことがわかっている。報酬系が十分に活性化されないと、報酬系の活性度を上げようと甘い食べ物への欲望が刺激される。つまり、甘いものを食べる習慣が出来上がってしまい、つい食べすぎてしまうのだ。

『トロント最高の医師が教える 世界最新の太らないカラダ』【著】ジェイソン・ファン

また、人工甘味料を摂取すると、胃や腸などに大きな負担がかかると考えられています。

特に腸内細菌に悪影響を与えてしまうことが研究によって分かっており、ますますダイエットには不向きであることが分かっています。

腸内細菌叢は,近年さまざまな生活習慣病と関連することが報告されている.最近の研究では,人工甘味料が腸内細菌叢に変化をもたらし耐糖能障害をもたらす可能性が報告された。

腸内細菌は【痩せる】ことに大きく関わっていて、ファスティングを行うことで腸内細菌も整うとされています。

空腹が8時間以上続くと、腸はぜん動運動を始め、モチリンという消化管ホルモンを分泌します。このモチリンは、腸の運動を活発にして、腸に残っている老廃物の排泄を促す役目を持っていることはお伝えしてきた通りです。
(中略)モチリンの分泌が盛んになり、排便が促され、それによって腸内が綺麗に掃除されれば腸内細菌のバランスも整ってきます。

『朝だけ断食で9割の不調が消える!』 【著】鶴見隆史

なので、人工甘味料を摂るということは、ファスティングの効果を打ち消してしまう恐れがあるのです。

甘いものが欲しいなら【酵素ドリンク】がおすすめ

「ファスティング中に筋肉が落ちるのが怖い。」という目的でなくて「ファスティング中に甘いものが飲みたい。」という目的の方には【酵素ドリンク】がおすすめです。

酵素ドリンクは自然な甘さのあるものが多く、余計なカロリーも少ないので、非常におすすめです。

また、ファスティングにおいて重要な【酵素】を手軽に摂取できるというメリットもあります。

人間が1日に作り出せる酵素の量には限界があるので、食事や飲み物から酵素を摂るのは【非常に有効】だと考えられています。

しかし【酵素ドリンクならなんでもいい】という訳ではなく、砂糖不使用で人工甘味料をはじめとする添加物が0でないといけません。

コンビニやドラッグストアで売られている酵素ドリンクは、その条件を満たすものが少ないのであまりおすすめできません。

【砂糖不使用・添加物不使用】の酵素ドリンクは数が少ないので、探すのも手間です。

そこでおすすめなのが【優光泉】という酵素ドリンクです。

優光泉は【砂糖・添加物不使用】なので、ファスティングの効果を下げることがなく、むしろ向上させてくれるものになります。

原材料も【こだわり抜かれた九州産の野菜】が60種類使われており、味・安全性ともに信頼度が高いです。

また、今なら公式サイトでの購入で【30日以内であれば返品可能で1万円バック(開封済みでも可)】というキャンペーンを行なっています。

高品質な酵素ドリンクが低リスクで試せる機会はそうそうないので、気になる方はチェックしてみてください!

まとめ

今回は【ファスティング中にプロテインを飲まないほうがいい理由】について解説しました。

下記に本記事のまとめをおいておくので、確認してみてください!

それでは!

本記事のまとめ
・プロテインを飲むと内蔵器官が使われてしまうのでNG
・プロテインに含まれる人工甘味料はダイエットに悪影響アリ
・甘い飲み物がほしいなら【酵素ドリンク】がおすすめ
おすすめの記事