ファスティング中にゼロカロリー商品は食べても良いのか?解説してみた!

食事を制限するダイエットである【ファスティング】ですが、その厳しさに甘いものが食べたくなってしまう人は多いのではないでしょうか?

そんなとき【ゼロカロリーの商品】に手を伸ばそうとする人もいると思います。

現代には、ゼロカロリー飲料やデザートというのは、世の中に溢れるくらい存在し、それらを私達は日常的に口にしています。

ですが、ファスティング中はゼロカロリー商品の摂取はおすすめできません。

実は、ゼロカロリー商品というのは【あまりダイエットに向いていない】のです。

そこで本記事では【ファスティング中にゼロカロリー商品がおすすめできない理由】についてご説明していきたいと思います。

ファスティング中にゼロカロリー商品がおすすめできない理由

【ファスティング中にゼロカロリー商品がおすすめできない理由】を3つご紹介していきたいと思います。

メタボリック症候群を招く

1つ目の理由は【メタボリック症候群を招く】からです。

ゼロカロリーの甘い商品は目の前の「甘いものを食べたい」という欲は満たしてくれますが、長期的に見た場合の【痩せる】ということに対しては、ほとんど役にたたないと、世界では、色々な研究を通じて考えられています。

そう考えられている研究を2つ紹介していきたいと思います。

1つ目の研究は、【人工甘味料がダイエットに有効である】ということを証明しようとした、アメリカがん協会が7万8694人の女性を対象に行なった実験では、以下のような結果が出ました。

当初の体重と比べたところ、1年後、人工甘味料を摂っていた女性は体重が増える傾向がとても高いことがわかった。ただし、体重の増え方は比較的緩やかだった(0.9キロ未満)。

『トロント最高の医師が教える 世界最新の太らないカラダ』【著】ジェイソン・ファン

この研究では、【人工甘味料を摂ると体重が増加しやすい】ということを明らかにしています。

ポイントなのは【緩やかに増えた】というところだと思います。

緩やかながらも、確実に体重が増えるということはなかなか怖いことです。

これが2~3年…と続いた場合、徐々に体重は増えてしまい、確実にメタボなどの生活習慣病を引き起こしてしまうでしょう。

2つ目の研究は、テキサス大学のシャロン博士が、5158人の成人を対象に心臓についての調査研究を8年間に渡って実施しました。

その結果から、シャロン博士は以下のような結果とコメントを残しています。

この研究から彼女は、ダイエット飲料は肥満を減少させることはなく、肥満になるリスクを47%も高めることを発見した。(中略)「今回の結果から、人工甘味料の使用は、肥満の広がりを抑えるものではなく助長させるものではないか、との疑問が持ち上がる」

『トロント最高の医師が教える 世界最新の太らないカラダ』【著】ジェイソン・ファン

このように【長期間・大人数での研究】でも、人工甘味料は肥満を誘発させるということが明らかになっています。

この2つの結果を考えると、ファスティングでダイエットを成功させたい人は、ゼロカロリーの商品は控えるべきだということが分かると思います。

人工甘味料を摂ることで食欲が増してしまう

2つ目の理由は【人工甘味料を摂ることで食欲が増してしまう】からです。

人間の脳は【カロリーのない甘いもの】を感じると、「これでは不十分だ!」と察知します。

その不十分と感じ取った分の埋め合わせをするために【食欲を促進させたり、欲望を高める】などの代償作用を働かせます。

このことは科学的にも証明されていて、その理由は以下の通りとなっています。

脳の報酬系を十分に活性化させるのはグルコースで、人工甘味料のスクラロースではないことがわかっている。報酬系が十分に活性化されないと、報酬系の活性度を上げようと甘い食べ物への欲望が刺激される。つまり、甘いものを食べる習慣が出来上がってしまい、つい食べすぎてしまうのだ。

『トロント最高の医師が教える 世界最新の太らないカラダ』【著】ジェイソン・ファン

このように【科学的に仕組まれた甘味はさらなる甘味への欲望】を引き起こして、ダイエットの妨げになってしまうのです。

ファスティングに限らず、ダイエット中は【甘いもの】への欲望が高まります。

ですが、それを満たすのに人工甘味料が使われたゼロカロリー商品は適していないということが分かっていただけたと思います。

ファスティングで大事な酵素が奪われる

3つ目の理由は【ファスティングで大事な酵素が奪われる】です。

人間の体内には【潜在酵素】といって、一定量の酵素が蓄えられています。

その潜在酵素には、2種類あり、【消化酵素】と【代謝酵素】に分かれます。

現代人の多くは、食べすぎにより、消化酵素が多く、代謝酵素が少ない傾向にあります。

「代謝酵素が少ないとどうなるのか?」というと、体内の老廃物や不純物を代謝する機能が弱まり、免疫力も低下してしまいます。

その結果、体調不良(風邪など)や生活習慣病を引き起こしてしまいやすい体になってしまうのです。

消化酵素の量を抑え、代謝酵素とのバランスを保つために行われるのが【ファスティング】です。

ファスティングをすることで、食事が断たれ、消化するものがなくなることで、消化酵素の浪費が止まります。

そうすることで2種類の酵素のバランスが整い、代謝が良くなったり、脂肪燃焼しやすくなったりして【痩せやすい体】へと変化していくのです。

「カロリーがないから。」という理由で人工甘味料を摂取すると、人工甘味料は科学的なものなので、【消化・分解にかかる酵素の量が多い】とされています。

【ファスティング=酵素の節約】なのに、人工甘味料を摂ることでその式が崩れてしまうのです。

なので、人工甘味料を多く含んだゼロカロリー商品というのは、ファスティングの効果を大幅に低下させてしまうのです。

甘いものが欲しいなら酵素ドリンクがおすすめ

「どうしても甘いものが欲しい…。」という方は【酵素ドリンク】がおすすめです。

酵素ドリンクは、主に野菜や果物を原料につくられており、【優しい甘さ】があるので、ダイエット中の甘いものを食べたい・飲みたいという欲を適度に満たしてくれます。

また酵素ドリンクには、名前の通り酵素を含んでおり、飲むだけで気軽に酵素を摂ることができます。

人間が1日作れる酵素の量は決まっているので、食事や飲み物から酵素を摂取することはとても有効なことです。

でも、「酵素ドリンクならなんでも良い。」という訳ではなく、選ぶ際のポイントがあります。

それは【砂糖不使用】と【完全無添加】という2点です。

「この2点がなぜ重要なのか?」ということを説明します。

まず、【砂糖不使用】についてですが、これは言わずもがな、砂糖による無駄なカロリー摂取を控えるためです。

【完全無添加】というのは、先程も解説したように【人工甘味料などの添加物】というのは、消化・分解において、多くの酵素が使われてしまうので、外せない重要なポイントとなっています。

コンビニやドラッグストアで売られている酵素ドリンクは、この2つの条件を満たすことができているものが少なく、不用意に飲んでしまうと、ファスティングダイエットの失敗の原因になりかねません。

この2つの要素を兼ね備えていておすすめなのが【優光泉】という酵素ドリンクです。

この優光泉は【砂糖不使用】で【完全無添加】という要素をばっちり満たしており、こだわりのある九州産の野菜を60種類も詰め込んだ酵素ドリンクなのです。

ファスティングを成功させるという目的にも使うことができますし、シンプルに野菜不足を補うという意味でも有効活用することができます。

野菜嫌いなお子様がいらっしゃるご家庭なら、【子供の野菜摂取】と【お母様のファスティングのため】という2つの目的で使用することもできるでしょう。

今なら、公式サイトで購入することで【30日以内の返品で最大1万円の返金(開封済みでも可)】というキャンペーンが行われております。

【ほぼノーリスク】で質の高い酵素ドリンクを試せるチャンスは、あまり多くないので、気になる方は公式サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回は【ファスティング中にゼロカロリーがおすすめできない理由】についてご紹介していきました。

ゼロカロリー商品に含まれる人工甘味料とファスティングの相性が最悪なので、摂取はなるべく控えることがおすすめです。

ファスティング期間中は、酵素ドリンクなどを駆使しながら、甘いものへの欲を上手くコントロールしていきましょう!

それでは!

【『トロント最高の医師が教える世界最新の太らないカラダ』】
created by Rinker
おすすめの記事