ファスティング中にBCAAやEAAは飲んでも平気?飲まないほうがいい?【解説】

ファスティング中に筋肉が落ちるのを警戒して、それを防ごうと【BCAAやEAA】などのアミノ酸系サプリを飲もうと考えている人はいるのではないでしょうか?

また、BCAAやEAAは甘いのにカロリー0なので、甘いもの欲しさに飲もうと考える人もいるでしょう。

ですが、結論からいうと【ファスティング中にBCAA・EAAを飲むべきではありません】

その理由としては、それらのサプリに含まれる【人工甘味料】がキモになってきます。

そこで本記事では【ファスティング中にBCAA・EAAを控えるべき理由】についてご紹介していきます。

健康的な無理しないダイエットをしたい方へ「優光泉」酵素

関連記事

BCAA・EAAの効果について

まず、本題に入る前に【BCAAとEAAの効果】について軽く説明していきたいと思います。

効果に関してすでに知識があるよという方は読み飛ばして頂いて構いません。

BCAAとEAAというのは、人間の体では作り出すことのできない【※必須アミノ酸】からできているサプリメントです。
※必須アミノ酸は全部で9種類

BCAA・とEAAは含まれている必須アミノ酸が異なるので、以下にまとめてみました。

BCAA・EAA

【BCAA】
・バリン
・ロイシン
・イソロイシン

【EAA】
・バリン
・ロイシン
・イソロイシン
・リジン
・メチオニン
・トリプトファン
・フェニルアラニン
・スレオニン
・ヒスチジン

BCAAが3種類の必須アミノ酸に対し、EAAはは全9種類の必須アミノ酸が含まれています。

簡単にいうと【EAAはBCAAの上位互換】 なのですが、細かくいうとそれぞれに良さがあります。

今回はそこまで詳しい説明は省かせていただきます。

「このBCAA・EAAはにはどのような効果があるのか?」という点については以下通りにまとめましたのでご覧ください。

BCAA・EAAの効果
・筋肉の分解を抑制
・筋肉の合成を促進
・筋疲労・筋肉痛の軽減

このような効果をもっています。

【筋肉の分解抑制・筋肉の合成促進】というのは、文字通りの意味になります。

何もしていないときに飲むと、筋肉が栄養不足で分解されてしまうのを防いでくれ、筋トレ中に飲むと筋トレの効果が上がるというものです。

この効果に関しては、様々な研究結果から【効果あり】と実証されています。

運動負荷前あるいは運動中のBCAA投与により筋タンパクの分解が抑制されるという結果は,単にBCAAを投与したことによりタンパク合成に利用できる量が増えたということ以上に,BCAAが筋タンパクの代謝により積極的な作用を及ぼしているようにみえる.BCAAによるタンパク合成促進のメカニズムとしてロイシンの作用が注目されている.

【筋疲労・筋肉痛の軽減】は、BCAAやEAAを飲んでから運動をすると、疲れが残りにくくなるといわれています。

こちらも多くの研究から【効果あり】と明らかになっています

Coombesらは,12g/dayのBCAAを2週間摂取したのちに,さらに運動負荷の前後に20gを摂取すると,最大酸素摂取量の70% 強度で120分間サイクリングした場合のCKとLDHの上昇が抑制されたことを報告している 14).また,スクワット運動の前に5gのBCAAを摂取すると,運動後4日目までの自覚的筋肉痛・筋疲労が軽減されたとの報告もある 

このように【筋肉に対してメリット】が多いBCAAやEAAをファスティング中には、「なぜ飲んではいけないのか?」ということを次章で説明していきます。

BCAAの代わりに酵素を飲む

ファスティング中にBCAA・EAAを控えるべき理由

ここからは【ファスティング中にBCAAのやEAAを控えるべき理由】について紹介していきます。

なぜBCAAやEAAがおすすめできないのかというと、サプリに含まれる【人工甘味料】が関係しており、人工甘味料はファスティングをはじめとするダイエットと実は相性が悪いのです。

その点について重点的にお話していきます。

人工甘味料はメタボを引き起こす

1つ目は【人工甘味料はメタボを引き起こす】からです。

【メタボリックシンドローム】は多くの現代人が侵されている生活習慣病の1つです。

そんなメタボを人工甘味料は誘発してしまう恐れが高いと考えられています。

海外での研究では【人工甘味料がメタボを引き起こす】という結果が出ており、ダイエット飲料などの危険性を説いています。

2008年に行われた、地域における動脈硬化リスク研究会(ARIC)では、ダイエット飲料を飲んでいる人はメタボリック症候群になる確率が34%高まることがわかったが、2007年に行われたフラミンガム研究でも50%高まるという結果が出ており、一貫性がある。

『トロント最高の医師が教える 世界最新の太らないカラダ』【著】ジェイソン・ファン

【ファスティング=痩せるため】と【人工甘味料=メタボになる】という相性が最悪なのは、誰が見ても分かると思います。

これが1つ目の摂取を控えるべき理由になります。

健康的な無理しないダイエットをしたい方へ「優光泉」酵素

人工甘味料によって甘いものへの欲望が増す

2つ目の理由は【人工甘味料によって甘いものへの欲望が増す】からです。

BCAAやEAAは【甘いのにカロリー0】なのですが、それは人工甘味料が多く使用されているからです。

【甘いのにカロリー0】のものを摂取すると体は異変を感じ取り、【カロリーのある甘いもの】を摂ってそのギャップを埋めようとする働きがあります。

脳は、カロリーのない甘味料を感じ取ると、これでは十分な報酬にならないと考え、食欲を増進させたり欲望を高めたりして代償作用を働かせる。(中略)報酬系が十分に活性化されないと、報酬系の活性度を上げようと甘い食べ物への欲望が刺激される。つまり、甘いものを食べる習慣が出来上がってしまい、つい食べすぎてしまうのだ。

『トロント最高の医師が教える 世界最新の太らないカラダ』【著】ジェイソン・ファン

こういった機能が人間には備わっているので、ファスティング中に人工甘味料を摂るということは、我慢している欲望が爆発してしまう恐れがあるということになるのです。

それはすなわち【ファスティングの失敗】を意味することになってしまうので、BCAAのなどの摂取は控えていきましょう。

人工甘味料不使用の酵素を飲む

アミノ酸系よりも酵素を摂ろう

筋肉のためにBCAAやEAAを飲もうと考えているのではなく「ファスティング中に甘いものが欲しい」という人は【酵素ドリンク】がおすすめです。

酵素ドリンクは、優しい甘さがあり、美味しくて手軽にファスティングで大事な【酵素】を摂取することができるのでおすすめです。

酵素というのは、ファスティングではすごく大事な要素の1つで、酵素は1日に作られる量が決まっているため、食事や飲み物から摂取するのが効果的なのです。

1日に生産できる潜在酵素の量は一定量が決まっている。そのため、食べ過ぎで消化酵素を多く使うことになれば、代謝酵素として使える量が減ってしまい不調を招くことになる。

『朝だけ断食で9割の不調が消える!』 【著】鶴見隆史

今は、コンビニやドラッグストアでも酵素ドリンクは売られており、手に入りやすい環境ではあるのですが、酵素ドリンクを選ぶ際には2つポイントがあります。

それは【砂糖不使用】と【添加物(人工甘味料)不使用】という2点です。

砂糖不使用については、ダイエット中なので【余計なカロリーを摂取しないため】です。

2つ目の添加物不使用は、先程も話したように【人工甘味料】などが含まれているとよくないのと、添加物を消化・分解するのに【多くの酵素が消費】されてしまうので、酵素ドリンクの効果が薄れてしまうからです。

そういった理由からこの2点は確実に守っていきたいです。

この2つの条件を満たしている酵素ドリンクはほとんどないのですが、私のおすすめなのが【優光泉】という酵素ドリンクです。

この優光泉は【砂糖・添加物不使用】という2点を守れている上に、質にこだわった九州産の野菜を60種類も使って作られています。

また、美味しいとも評判で【はじめての酵素ドリンク】にはもってこいの商品です。

今なら公式サイトでの購入で【30日以内なら返品可能で最大で1万円バック(開封済みでも可)】というキャンペーンを実施しており、質の高い酵素ドリンクをほぼノーリスクで試せるチャンスがあります。

気になる方は是非チェックしてみてください♪

まとめ

今回は【ファスティング中にBCAA・EAAを控えるべき理由】についてご紹介してきました。

BCAAやEAAには、人工甘味料が多く使用されているので、ファスティングをはじめとするダイエットには、あまり向いていないと思います。

筋肉の分解が怖い方は、ファスティングを行うなら長期的なものでなく、短期的なものを選んでやるのがいいと思います。
⇒【誰でも簡単・気軽にできるファスティングのやり方

この記事が少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです!

それでは!

九州産野菜にこだわった完全無添加の酵素「優光泉」

おすすめの記事