ファスティング中にガムは食べちゃだめ?食べてはいけない理由について解説

ファスティング(断食)中に空腹感を感じて、「ガムを食べて紛らわそう!」と考える人は少なくないのではないでしょうか?

確かにガムを噛むことで満腹中枢を刺激することができる効果はあります。

その効果は、カロリー制限や糖質制限などのダイエットでは、食べ過ぎを防ぐことができます。

ですが、ファスティングにおいて【ガムは不向き】です。

本記事では、【ファスティングにガムをおすすめできない理由】についてご紹介していきたいと思います。

ファスティング中にガムを食べるのをおすすめできない理由

ファスティング中にガムをおすすめできない理由を2つご紹介していきます。

胃液が分泌され胃に負担がかかってしまう

1つ目の理由は【胃液が分泌され、胃に負担がかかってしまう】です。

ガムをたくさん噛むことで満腹中枢が刺激され、空腹感を紛らわすことができるのですが、問題はガムを食べた際に分泌される【胃液・唾液】です。

通常、胃液と唾液は食べ物を消化する際に非常に役に立つものですが、ファスティング中は【胃に食べ物がない状態】なので、その胃液や唾液によって胃に負担がかかってしまうのです。

本来、ファスティングというダイエット方法は【胃を休める】というのが前提のダイエットなので、胃に負担をかけてしまっては本末転倒です。

そのため、ガムはファスティングには不向きなのです。

砂糖・人工甘味料による悪影響

2つ目の理由は【砂糖・人工甘味料による悪影響】です。

ガムには少なからず砂糖が含まれているものが多いです。

糖質を摂るということは、少量ながらもファスティング中において良いとはいえません。

「シュガーレス(カロリー0)のガムならいいの?」と気になる方もいると思いますが、そういった商品の多くには【人工甘味料】が使用されています。

人工甘味料にはインスリン値を上げてしまう効果があり、ファスティング中は【インスリン値を上下させない】というのが大事なので、避けておいたほうが無難だと言えるでしょう。

また、人間の脳はカロリーのない甘味を感じると「これでは不十分!」と感じ、食欲を増進させたり、欲望を高め、他のものを求めようとする【代償作用】が働きます。

なので、砂糖・人工甘味料が使用されているガムを食べることは避ける必要があるのです。

次は【ガム以外の空腹感を我慢する方法】を紹介していきます。

ガム以外の空腹感を我慢する方法

【ガムはだめ】ということが分かって頂けたと思うので、ガム以外で空腹感を我慢する方法を紹介していきます。

炭酸水を飲む

1つ目の方法は【炭酸水を飲む】です。

「お腹空いたな〜」と感じたときに炭酸水を飲むことで、多少ながら空腹感を紛らわすことができます。

炭酸水ならカロリーも0なので、水と同じ感覚で飲むことができます。

また、【香料】は血糖値やインスリン値を上下させないので、レモン風味の炭酸水を飲むことで【味】を感じることができ、空腹感を抑えることが期待できます。

注意点としては、人工甘味料を含んだ【0カロリーのコーラ】などではいけないということです。

理由は、前述したとおりとなります。

炭酸水を飲むのと飲まないのでは、空腹感の感じ方は大きく変わってくるので、是非飲んでみることをおすすめします!

白湯を飲む

2つ目の方法は【白湯を飲む】です。

白湯を飲むと、胃がじんわりと温まる感覚を覚え、空腹感を抑えることができます。

温かいものを食べたり、飲んだりすると不思議と空腹感が紛れます。

また、ファスティング中は胃に負担をかけることはあまり良くないので、冷たい水をガブガブ飲むよりかは、温かい白湯のほうが適していると言えるでしょう。

先程、紹介した炭酸水も冷やしすぎたものではなく、常温のものを飲むことをおすすめします。

空腹=痩せているというのを感じる

3つ目の方法は【空腹=痩せていると感じる】です。

こちらは、具体的な方法ではなく、精神的なものです。

精神的なものといっても、オカルトではなく、【空腹感を感じているとき=痩せている】というのは本当です。

人間が空腹感を感じているときは、体内のグリコーゲンが枯渇しそうになっているときで、体に「グリコーゲンを補給しろ!」と命令したときにお腹が空いたと感じるのです。

そのときに体の命令に従い、食事をとってグリコーゲンを補給してしまうと脂肪が燃焼されることはありません。

その「お腹空いた…」と感じたときに食べるのを我慢すると、グリコーゲンが枯渇し、【体に蓄えられた脂肪がエネルギーとして燃焼】されるのです。

なので、「お腹空いた…」と感じたときは「我慢して脂肪を燃焼するぞ!」と前向きに我慢してみてください!

まとめ

今回は【ファスティング中にガムがおすすめできない理由】と【ガム以外の空腹を我慢する方法】をご紹介させて頂きました。

この記事が少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです!

それでは!

本記事のまとめ

・ガムを噛むことで胃液が分泌され、胃に負担がかかる
・砂糖・人工甘味料によってインスリン値が上下するから
・空腹を感じたら「脂肪が燃えてる!」と我慢しよう
おすすめの記事